神戸市垂水区桃山台の本格インドカレー専門店まいたに行ってきた

本格インドカレーのまいたは駐車場が少ない

自宅からほどよい距離感に位置する本格インド料理店まいたに行ってきました。ここのネックは駐車場。何度かランチを食べに行ったけど毎回駐車場に苦労している。店舗の駐車場は4台しか駐められないが隣の空き地にもう数台駐められたのだが最近になってその空き地に住居が建ってしまった。人気店なのでこの日は平日のお昼12時前にもかかわらず満車。さてどうする。

とりあえず車でそこら辺をうろうろしてみたが駐車場は見つからない。仕方ないので少し南下したところにあるスーパーの駐車場に駐めさせてもらって歩いてまいたへ。

神戸市垂水区桃山台の本格インドカレー専門店まいたに行ってきた

まいたの店内はまさにインド

まいたはこんなお店です。大きな道路沿いで道路西側。お隣はケーキ屋さんです。
カランコロンと入店すると陽気なインド人達が迎えてくれます。店内はインド一色。

神戸市垂水区桃山台の本格インドカレー専門店まいたに行ってきた 神戸市垂水区桃山台の本格インドカレー専門店まいたに行ってきた

めちゃくちゃしまったことにこの日は自慢のカメラ「ソニー RX100M2」を忘れてしまったのでショボいスマホカメラでの撮影なのでお店の魅力を存分に伝えられないのが悔やまれる。

[amazonjs asin=”B00DNT2D5K” locale=”JP” title=”SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100M2 2090万画素 光学3.6倍 DSC-RX100M2″]

メニュー表を見て初めて「まいた」の意味を知りました。

神戸市垂水区桃山台の本格インドカレー専門店まいたに行ってきた

ヒンディー語でふる里という意味らしい。この辺の人なら舞多聞(まいたもん)からのまいただと勘違いしてしまいそうだ。

まいたのランチ

神戸市垂水区桃山台の本格インドカレー専門店まいたに行ってきた

ランチメニューはシンプル。いくつかセットがあるのでそこから選ぼう。単品でもOKやと思うけどせっかくなので本格インド人が作るインドカレーセットを楽しもう。ということでマハラジャランチをオーダー。

神戸市垂水区桃山台の本格インドカレー専門店まいたに行ってきた

どん。3種類のカレーとサラダとライスとナン。

神戸市垂水区桃山台の本格インドカレー専門店まいたに行ってきた

大きさがわかるようにiPhone5sを並べてみました。これかなりデカイんです。

神戸市垂水区桃山台の本格インドカレー専門店まいたに行ってきた

ドリンクはもちろんラッシーをチョイス。インド料理屋さんの鉄板です。

神戸市垂水区桃山台の本格インドカレー専門店まいたに行ってきた

香辛料のみで味付けしたようなチキン。ちょい辛ですが素材を活かした味付けと思って食べてください(薄味)。あとはオマケのようなエビ。

これがセットになっております。このどデカいナンは食べ放題なんです。しかし今までの最高記録は2枚。記録に挑戦しようとライスを子どもに託してナンだけを無心で食べ続けました。

まいたのナンはデカすぎる

神戸市垂水区桃山台の本格インドカレー専門店まいたに行ってきた

もちろんおかわりで届くナンも超巨大サイズ。それどころかすぐそこで焼いたのが届くので熱々なんです。ほんのり甘くてそれだけで食べても美味い。野菜カレー、チキンカレー、日替わりカレーを楽しみましたがどれも美味しかった。

結局この日も巨大ナンは2枚しか食べきれなかったですが以前2枚目の途中で残してしまった時はスタッフのインド人兄さんが包んでくれました。優しいんです。

まいたは子どもに激優しい

そうそう。まいたはオーダーなしの子どもでも無料でジュースをサービスしてくれます。公式か非公式かわかりませんが嬉しい限りです。子どもメニューもあるけどそんなに食べないんですよねー。

座る席によってはすぐ隣でナンを打つ音と振動が伝わってきてインド感を120%楽しむこともできます。

以前はお待ちさんが出るぐらいの人気店でしたが駐車場の激減によりお昼ピークでも空きテーブルがあるぐらいになってます。なので1組帰ると次1組入店という非常に効率の悪いシステムでの運営。このままでは店自体の存続に影響を及ぼすと思って食べログにいいレビュー残してきました。

子どもに優しいお店って何かといいレビューがつくような気がするのは気のせいでしょうかね。

もちろんこの後車を駐めさせてもらったスーパーでお買い物して帰りましたよー。

サイトのページビュー数

管理してるブログのページビュー数。1日2000回ぐらいは見てもらえてるぐらい。ほぼSEO経由でのアクセスなので興味関心のある人ばかりのアクセスです。
ソーシャルはソーシャル。SEOはSEO。

よくあるSEO業者の「○○というキーワードで上位を目指しましょう!」というのは上位に上げやすいキーワードである可能性が高いです。そのキーワードで集客して本当に利益を生むのかよく考えてみてください。ただアクセスが増えるだけで利益が増えなければサイトへの投資は失敗です。

あとよくあるのは目標アクセス数を設定してるWEB制作業者で目標まで届きそうになかったら自社管理のSNSから集客するとかね。フォロワーたくさん持ったTwitterアカウントがあれば容易なんですよ。意味のないアクセスでは売上も利益も発生しません。そこら辺もよく考えてWEB制作を依頼しましょう。