日記

子ども連れの淡路島観光では外せない遊園地ONOKORO(おのころ)へ行ってきた

人気のおすすめ記事

  1. 「ないものはない」海士町で移住体験してきたけど・・・
  2. 神戸三宮。1人でフラッと軽くワイン飲みたい時にはBinoBinoしかない
  3. 動物とふれあい放題の神戸どうぶつ王国を徹底解剖!子どもが喜ぶスポット間違いなし

吉本のたむけんが力を入れている淡路島ですが、おもしろいスポットは限られている。歳を重ねると海沿いのドライブやのんびりと農業体験なんて乙な楽しみ方も盛りだくさんな淡路島だが子どもにとっては魅力に欠ける島なのかも知れない。

淡路島は夏になれば海水浴やキャンプで盛り上がれるのだがシーズンオフに楽しめるスポットがイングランドの丘とONOKORO(おのころ)と温泉ぐらいしかないのである。

以前イングランドの丘にちびっ子連れて行ったけどこれはけっこう楽しんでくれたようでした。まだ行ったことない人はぜひ一度行ってみてください。ケモノと触れ合うこともできます。

イングランドの丘

そして今回紹介するのはONOKORO(おのころ)です。

ピラミッドやピサの斜塔のミニチュアが展示してあるぐらいの情報しか持ってない方が大半なのではないでしょうか。わたしも実はそんなもんでした。でも実際に行ってみたら小さい子ども連れにこそ楽しんでもらえるスポットだということが判明しました。ではどうぞ。

子ども連れの淡路島観光では外せない遊園地ONOKORO(おのころ)へ行ってきた

まず駐車場ですが、無料です。USJなら駐車場代だけで1000円払うことになります。この時点でUSJに大差付けてしまってます。

そして入口で入場券を購入します。料金は子ども500円、大人1000円です。

なぜか入ってから乗り物券を買います。そもそも乗り物ってなんやねん?という状況の中で乗り物券を買うかどうかの選択を迫られます。パンフレットを見ると確かに乗り物がたくさんある様子。この時点で初めて「おのころって遊園地なんだ」と感付き始めます。

そうです。おのころって遊園地なんです。

ということでちびっ子に楽しんでもらうためにフリーパスを買ってみました。ちびっ子用にひとつだけ。親は都度乗り物券を買って交互に付き添う感じにしました。ちなみにフリーパスは子どもも大人も一人2500円です。

子ども連れの淡路島観光では外せない遊園地ONOKORO(おのころ)へ行ってきた

入口付近からはかろうじて遠くの方に見える観覧車ぐらいしか遊園地臭は漂ってきません。

子ども連れの淡路島観光では外せない遊園地ONOKORO(おのころ)へ行ってきた

ほいキタ!ピラミッドです。

子ども連れの淡路島観光では外せない遊園地ONOKORO(おのころ)へ行ってきた

なんかこんなんテレビで見たことあります。ミニチュア版ですが人物まで作られててなかなか凝ってるようです。

子ども連れの淡路島観光では外せない遊園地ONOKORO(おのころ)へ行ってきた

凱旋門もありました。

子ども連れの淡路島観光では外せない遊園地ONOKORO(おのころ)へ行ってきた

プカプカ〜っと水の上を浮かぶ乗り物に乗ると様々な土地の風景を楽しむことができます。ちなみに400円払うほどの面白さは感じられませんでした。

子ども連れの淡路島観光では外せない遊園地ONOKORO(おのころ)へ行ってきた

芝すべり的なものは意外と楽しめました。もちろん有料です。

子ども連れの淡路島観光では外せない遊園地ONOKORO(おのころ)へ行ってきた

園内をスイ〜っと飛び回ってる人たちがいました。好きな人にはウケるんでしょうがわたしは遠慮しときます。ちなみにこいつはフリーパス対象外アトラクションなので別途有料2500円です。

ゴーカートや巨大迷路、メリーゴランド、コーヒーカップなどなど一般的な遊園地にあるようなものは揃ってます。

そして何より子ども連れにおのころを利用してもらいた理由は空いてるから!

子ども連れの淡路島観光では外せない遊園地ONOKORO(おのころ)へ行ってきた

一番人通りが多い道のショットがこれです。しかもゴールデンウィークまっただ中。

ゴーカートなんか子どもが気に入ってしまって10回ぐらい乗りましたよ。乗り終わってそのまま入口から乗るという。。。
つまり、遊び盛りの子どもには最高のスポットだということです。

でもひとつだけ残念なのが、地方の遊園地に必ず設置されているマイナス35度体験ゾーン。

例外なくおのころにもありました。子どもが行きたい行きたいと嘆いていたので仕方なく400円分のチケットを買って一緒に入ったんですが、、、

子ども連れの淡路島観光では外せない遊園地ONOKORO(おのころ)へ行ってきた

この狭い冷凍室がひとつあるだけの本当にしょうもないアトラクションでした。フリーパス使って涼む程度に入るならアリですがわざわざ400円払って入るのは全力でおすすめできません。今世紀に入って一番ムダな400円を支払ったという感想です。。。

と、ダメ出ししつつもガラガラで乗り物待ち時間無しで乗り放題のおのころは子ども連れの淡路島遊びに最適なスポットなのでした。逆に大人だけでのおのころはあまりオススメできません。アトラクション全体が小さい子ども向けに作られてるからね。別途料金でヘリコプターに乗ったりできるようなのでお金に余裕のある人ならまた違った楽しみ方もできるようですが。

個人的にはIngressのポータルがたくさんあって楽しかったです。

ONOKORO(おのころ)

お役立ち情報をもう1記事読んでみませんか

  1. ビジネスマン必見!初めてカプセルホテルに泊まってみたら・・・
  2. 究極のモフモフ体験はこちらからどうぞ
  3. 土日に役立つ兵庫県内のおすすめ遊びスポット

関連記事

  1. 淡路島の占い師?霊媒師?とにかく霊視をしてくれる福山さんが凄すぎて笑えるレベルだった

    日記

    淡路島の占い師?霊媒師?とにかく霊視をしてくれる福山さんが凄すぎて笑えるレベルだった

    占いは信じてませんが霊視や宇宙人は信じております。「見える」人…

  2. もうベロンベロン!西宮にある白鹿の蔵開きマルシェに行ってきた

    日記

    もうベロンベロン!西宮にある白鹿の蔵開きマルシェに行ってきた

    白鹿蔵開きマルシェ2016の情報はこちらをご確認ください。2月13…

  3. 香寺町

    日記

    老後に住むなら姫路市の香寺町は「ちょうどいい」場所である

    香寺町に出戻って半年ぐらい経ったのでここら辺で香寺町の良いとこ…

  4. 姫路には似つかわしくない近代的なデザインの建物!潜入捜査してきました

    日記

    姫路には似つかわしくない近代的なデザインの建物!潜入捜査してきました

    革のタンナーである株式会社三昌さんのギャラリーにオジャマしてきました。…

  5. ザ・田舎暮らし!海士町移住体験記〜その1〜海士町はけっこう遠い

    日記

    ザ・田舎暮らし!海士町移住体験記〜その1〜海士町はけっこう遠い

    今回は縁があって隠岐・海士町で「ほぼ無料」6泊7日 IT移住体験ツアー…

  6. 神戸市垂水区のゲストハウス「Geragera(ゲラゲラ)」でバーベキューしてきた

    日記

    神戸市垂水区のゲストハウス「Geragera(ゲラゲラ)」でバーベキューしてきた

    ご縁がありお誘いいただいたので行ってきました。初体験ですゲストハウ…



最近の記事

  1. 2017年7月1日から香寺町のテニスコートや野球場、スポーツジム等の料金が上がる!
  2. カツ丼の看板がやたら目を引いたので入ってみた!姫路のカツ丼屋さん「カツ善」
  3. ヤフーショッピング出店手数料
  4. 姫路 畳座
  5. WordPressなら見積もりフォームも簡単に作れるプラグインがあるよ
  1. ヤフーショッピング出店手数料

    WEB制作

    ヤフーショッピングに出店してみた!費用・手数料・申込み方法は?
  2. 食レポ

    明石海峡大橋と淡路島が一望できるスターバックス神戸西舞子店
  3. カツ丼の看板がやたら目を引いたので入ってみた!姫路のカツ丼屋さん「カツ善」

    食レポ

    カツ丼の看板がやたら目を引いたので入ってみた!姫路のカツ丼屋さん「カツ善」
  4. 神戸マラソンにふるさと納税枠!先着200人まで10万円で確実に走れるよ!

    日記

    神戸マラソンにふるさと納税枠!先着200人まで10万円で確実に走れるよ!
  5. freee 自動経理

    フリーランス

    会計ソフトfreeeを導入したことで個人事業主として初めての確定申告もラクラクで…
PAGE TOP