日記

ナガサワ文具センター 噂の期間限定新店舗「Kobe INK物語 by NAGASAWA」に行ってきた

人気のおすすめ記事

  1. 「ないものはない」海士町で移住体験してきたけど・・・
  2. 神戸三宮。1人でフラッと軽くワイン飲みたい時にはBinoBinoしかない
  3. 動物とふれあい放題の神戸どうぶつ王国を徹底解剖!子どもが喜ぶスポット間違いなし

ナガサワ文具センターの新店舗が期間限定で北野工房のまちに出店しているということで表敬訪問してまいりました。

北野工房のまちというので異人館がある方面かと思っていたらけっこう西でした。
NHK神戸のちょい北ぐらいです。三宮駅からだと歩いて15分。元町駅からだと10分という微妙に運動するぐらいの距離です。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
NHK神戸から北へ坂を上って行くと見えてきます。北野☆工房のまち。つのだ☆ひろと同じ場所に☆があります。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
KITANO MEISTER GARDEN.

Kobe INK物語 by NAGASAWA
神戸市立北野小学校。
そうです。北野工房のまちは廃校となった北野小学校を再利用した観光施設です。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
元小学校という独特の雰囲気の施設です。

Kobe INK物語 by NAGASAWA

Kobe INK物語 by NAGASAWA
神戸らしい店舗がたくさん入居されてます。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
ナガサワ文具センターの「Kobe INK物語 by NAGASAWA」は212です。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
1階はこんな感じです。平日の午前中だったのでお客さんは少なくガラガラ。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
階段が小学校っぽくて懐かしいです。エレベーターもあるので足腰の弱い人は利用しましょう。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
これは懐かしいというより時代がぶっ飛んでます。明治時代です。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
2階に上がるとすぐに登場の神戸インク物語。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
店頭にさりげなく並んでいる商品ですらオシャレ。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
神戸インクも置いてあります。しまった、向きを揃えてから写真撮ればよかった。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
ナガサワ文具センターのオリジナルアイテムがズラ〜ッと並んでます。
キップレザーの手触りの良さは抜群です。革好きはぜひ触りに行くべし。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
オリジナルのマスキングテープも販売してます。神戸っぽい柄がたまりませんね。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
ナガサワ文具センターのオリジナル万年筆は書きやすいと評判です。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
こちらは「いつもそばに」をコンセプトに作られたナガサワ文具センターオリジナルブランド「beside(ビサイド)」です。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
ボルトレッティも迫力あります。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
ガラスペンはそれぞれ微妙に柄が違うので見ているだけでも楽しいです。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
忘れてはいけません。ナガサワ文具センターのオリジナル万年筆の中でも特に人気のプロスケ。
スケルトン仕様なので中に詰まってるインク色をいつでも楽しめるのです。
そう。神戸インク物語のために作られたといっても過言ではない万年筆です。

Kobe INK物語 by NAGASAWA

Kobe INK物語 by NAGASAWA
店舗の全体的なイメージはこんな感じです。
教室半分のスペースなのでこじんまりしてますが、その中にナガサワが詰まってるという今までにない店舗です。ナガサワ文具センターファンにはたまらないお店に仕上がってます。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
店長の宇高さん。
神戸インクや万年筆は試し書きできますので宇高さんに一声かけてみてください。
ガラスペンなどよくわからない文具についても尋ねれば何でもこたえてくれます。

Kobe INK物語 by NAGASAWA

Kobe INK物語 by NAGASAWA
コーヒーでも飲ませてくれそうなお店ですがインクしか飲ませてくれません。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
観光客はもちろんのこと、地元神戸市民でも楽しめるようなスポットです。
神戸っぽい食べ物やワークショップもたくさんありました。
一見の価値ありです。

Kobe INK物語 by NAGASAWA
北野工房のまち

お役立ち情報をもう1記事読んでみませんか

  1. ビジネスマン必見!初めてカプセルホテルに泊まってみたら・・・
  2. 究極のモフモフ体験はこちらからどうぞ
  3. 土日に役立つ兵庫県内のおすすめ遊びスポット

関連記事

  1. ザ・田舎暮らし!海士町移住体験記〜その7〜お隣の西ノ島は絶景観光スポット満載

    日記

    ザ・田舎暮らし!海士町移住体験記〜その7〜お隣の西ノ島は絶景観光スポット満載

    この日は午前中に仕事体験。午後から自由行動という日程。…

  2. 姫路には似つかわしくない近代的なデザインの建物!潜入捜査してきました

    日記

    姫路には似つかわしくない近代的なデザインの建物!潜入捜査してきました

    革のタンナーである株式会社三昌さんのギャラリーにオジャマしてきました。…

  3. 市成先生から学ぶマンダラートメモ

    日記

    市成先生から学ぶ大谷翔平も活用していたマンダラートメモ

    先日、あの大谷翔平くんも高校時代に目標達成手法として取り入れていたとい…

  4. ザ・田舎暮らし!海士町移住体験記〜その2〜海士町案内 前編

    日記

    ザ・田舎暮らし!海士町移住体験記〜その2〜海士町案内

    米子駅前のバスターミナル2番から七類港までの連絡バスに…

  5. 姫路 畳座

    日記

    みゆき通りや二階町をジャック!姫路の畳座がいろいろスゴイ

    過去に何度か参加させていただいた姫路畳座。この企画がいろいろス…

  6. 姫路市の厚生委員会を傍聴してきてみた

    日記

    姫路市の厚生委員会を傍聴してきてみた

    2016年12月8日(木)10:00〜姫路市の厚生委員…



最近の記事

  1. WordPress
  2. 湘南らあめん 頂(いただき)
  3. 2017年7月1日から香寺町のテニスコートや野球場、スポーツジム等の料金が上がる!
  4. カツ丼の看板がやたら目を引いたので入ってみた!姫路のカツ丼屋さん「カツ善」
  5. ヤフーショッピング出店手数料
  1. WordPress

    WEB制作

    WordPressのテーマを編集する時は子テーマを活用しよう!子テーマを使う理由…
  2. ホームページは公開した時がスタートである

    WEB制作

    ホームページは公開した時がスタートである
  3. 三宮センタープラザ地下にある謎の喫茶店「どん底」は持ち込み可なのだ

    食レポ

    三宮センタープラザ地下にある謎の喫茶店「どん底」は持ち込み可なのだ
  4. ブランチ学園都市にあるCAFE PICNICでランチ

    食レポ

    ブランチ学園都市にあるCAFE PICNICでランチ
  5. 参議院議員選挙に行ってきた!今回から18歳から投票できます

    日記

    参議院議員選挙に行ってきた!今回から18歳から投票できます
PAGE TOP